不動産・相続登記の必要書類

不動産登記・相続登記の手続きでは、手続きの種類によって、必要となる書類が変わって
きます。下記にまとめておきますので、手続きをされる前に、どのような書類が必要となるのかをご確認ください。なお、各種書類の取り寄せ代行も行っておりますので、すべての手続きを一括でお受けすることも可能です。代行手数料に関しましては「料金のご案内」をご覧ください。

所有権保存登記の必要書類

新たに住まいを建てた場合の手続きが所有権保存登記です。
この手続きを行う際には、下記の書類が必要となります。

  1. 住民票  1通
  2. 住宅用家屋証明書
  3. 代理人がいる場合は委任状 ※認印でも可

所有移転登記(売買・贈与)の必要書類

不動産の売主、贈与する側

  1. 権利証または登記識別情報
  2. 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)  1通
  3. 登記原因証明情報
  4. 代理人がいる場合は委任状 ※実印が必要

不動産の買主、贈与を受ける側

  1. 住民票 1通
  2. 住宅家屋証明書(売買の場合のみ)  1通
  3. 代理人がいる場合は委任状 ※認印でも可

相続登記の必要書類

  1. 被相続人(亡くなった方)の戸籍謄本一式(出生から死亡に至るまですべて)
  2. 被相続人の戸籍の附票または除の住民票
  3. 相続人の戸籍謄本(全員分)  各1通
  4. 相続人の住民票(全員分)   各1通
  5. 相続人の印鑑証明書(全員分) 各1通 ※遺産分割の場合のみ
  6. 遺産分割協議書 ※遺産分割の場合のみ
  7. 遺言書 ※遺言書がある場合のみ
  8. 代理人がいる場合は委任状 ※認印でも可

抵当権設定・抹消登記の必要書類

土地や建物を担保にお金を借りるとき、お金を返し終わったときに必要となる手続きです。

抵当権設定登記の場合

金融機関などの抵当権者

  1. 設定契約書などの登記原因証明情報
  2. 資格証明書(発行から3ヶ月以内)
  3. 代理人がいる場合は委任状 ※認印でも可

物件の所有者

  1. 権利証または登記識別情報
  2. 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内) 1通
  3. 代理人がいる場合は委任状 ※実印が必要

抵当権抹消登記の場合

金融機関などの抵当権者

  1. 原契約書(設定登記済)または登記識別情報
  2. 放棄証書などの登記原因証明情報
  3. 資格証明書(発行から3ヶ月以内)
  4. 代理人がいる場合は委任状 ※認印でも可

物件の所有者

  1. 代理人がいる場合は委任状 ※認印でも可

ページのトップへ