会社設立の手続きの流れ

株式会社の設立にあたっては、会社を設立する人(発起人)が発行する株式を全て引き受ける「発起設立」と、資本金の出資者を募って発行した株式を発起人以外にも引き受けてもらう「募集設立」の2つの方法があります。ここでは、規模の小さい会社を設立する際の一般的な方法である、発起設立の手続きの流れをご説明します。

【1】設立する会社の内容を決めます

まずは設立する会社の名前(商号)、事業の目的、本店所在地、役員など、会社設立にあたって必要となる事項を決めていきます。会社の名前(商号)は、ローマ字表記も可能です。

【2】会社印(代表者印)を作ります

会社を設立するためには、多くの書類が必要になります。会社の設立登記を申請する時点で会社の実印を押印した書類も必要となってきます。ですので、会社の概要が決まった段階で会社の印鑑を作ります。なお、会社の実印とは、これが実印ですと法務局に届出たものであり、会社の設立登記申請と同時に印鑑届出も必要となります。

【3】定款を作成し、認証を受けます

設立する会社の「憲法」ともいうべき定款を作成します。【1】で定めた内容に従って定款を作成し、本店の所在地を管轄する公証役場で定款の認証を受けます。なお、当事務所は、オンライン申請に対応しておりますので定款認証印紙40,000円が不要となります。

【4】資本金を払い込みます

発起人の個人の銀行口座等、振込先と定めた口座に、資本金を振り込みます。

【5】登記申請書類を作成します

商業登記に必要となる各種書類を作成、押印します。

【6】登記申請をして、会社が成立します

作成した登記申請書類と定款などの書類をあわせて、会社設立の登記申請を行います。この登記申請日が会社の設立日となります。
なお、当事務所はオンライン申請に対応しておりますので、必要印紙のうち最大5,000円分が軽減されます。

ページのトップへ