相続放棄に関する事例

消息不明の相続人がいたA様の事例

ご子息がおらず、ご主人と二人暮らしだったA様。ご主人が他界され、相続をすることになりました。相続人は妻であるA様と、ご主人の二人のご兄弟となりました。2人のご兄弟は、いずれも相続放棄をされましたが、既に他界されているお兄様がいらっしゃいました。そのようなこともあって、A様には相続人の範囲を明確にする必要が生じ、ご主人名義の預金の相続ができない状態となりました。

A様からのご依頼を受けた当事務所では、まず「相続人は誰になるのか」を明らかにすることからお手伝いさせていただきました。A様は他界されたご主人のお兄様とは面識がありませんでしたので、家族構成などもお分かりにならない状況だったのです。

調査の結果、他界されたご主人のお兄様にはご子息がいらっしゃることが分かり、そのご子息が代襲相続人ということになりました。A様と代襲相続人との間には面識すらないため、代襲相続人もA様が相続手続きを進めることに異論を唱えることはなく、無事にA様の相続手続きは完了しました。

ページのトップへ