遺言作成の流れ

遺言を作成する前に、遺言にもいくつかの種類があることについて、簡単にご説明しておきます。まず、遺言には「普通方式」と「特別方式」の2種類の方式があります。一般的な遺言作成の場合は「普通方式」になります。「特別方式」は、死期が迫っている場合や、伝染病によって隔離されている場合など、極めて例外的な場合の作成方法になります。

一般的な遺言作成の方式である普通方式にも、3つの種類があります。その3つとは、「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」です。自筆証書遺言は、文字通り自らが筆をとって作成する遺言のことをいいます。公正証書遺言は、遺言を残す方(遺言者)の口述に基づいて、公証人が筆記。その内容を遺言者と2人の証人に確認してもらうという方法で作成する遺言です。3つめの秘密証書遺言は、遺言書があることを明らかにしつつ、内容を秘密にして作成する遺言になります。

遺言作成の方法にはそれぞれ、メリット・デメリットがありますが、もっとも安全・確実な遺言作成の方法としておすすめできるのは、公正証書遺言になります。それでは、公正証書遺言の作成の流れを見ていきましょう。

公正証書遺言の流れ

【1】相続人を確認し、分配を決めます

まずは遺言者となる方の相続関係を正確に確認します。その上で、遺言者に対する相続人の貢献度をはじめ、さまざまな状況を考慮に入れながら、財産の分配を決定します。法定相続人ではない方に対して財産を分配することもできます。

【2】遺言書の原稿を作成し、必要書類を手配します。

公証人と遺言書の内容について打合せを行います。数回の打合せを行った後で、公正証書遺言を作成する日程を決めます。また、戸籍や、印鑑証明書、不動産の評価証明書・登記事項証明書などの書類が必要となりますので、手配します。

【3】遺言書(公正証書遺言)を作成します

公正証書遺言の作成は、公証役場で行われます。遺言書作成の当日は、証人2人と一緒に公証役場へ出向きます。次に、遺言者は公証人に対して遺言の内容を口述し、公証人が遺言書として書き記していきます。その後、公証人が遺言内容を読み上げて、遺言者と証人が遺言書の内容を確認します。最後に、遺言者、公証人、証人の全員が署名・押印して完了します。

【4】すべての手続きが完了します

公正証書遺言を作成すると「原本」「正本」の2部が作られます。原本は公証役場に保管されることになりますが、正本に関しては、遺言者や遺言執行者が保管することになります。

遺言書の作成をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

ページのトップへ