遺言作成のポイント

遺言執行人を選んでおきましょう

最初にお話しました通り、遺言書を作成する目的は「記載しておいた内容をきちんと実現してもらうこと」です。遺言の内容が無視されることなく、きちんと実現してもらうために「遺言執行人」を選んでおきましょう。

相続人の「遺留分」に注意しましょう

相続人が複数いる場合に、そのうちの特定の誰かに財産の全てを相続させたり、相続人とは関係のない第三者に対して遺贈したりすると、遺留分の問題が発生する場合があります。残された方々の間で紛争が起こったりすることのないよう、遺留分には十分に注意しておきましょう。ただし、相続人が兄弟姉妹となる場合には、遺留分の心配はありません。兄弟姉妹には遺留分が認められていないからです。

曖昧な表現での記載に注意しましょう

せっかく遺言書を作成しても、その記載内容が相続人にとって分かりにくいものになっていれば、その遺言書が問題の種になることもあるでしょう。相続人が内容について確認しようとしても、遺言者は既に亡くなっているわけですから、確認のしようがありません。そこで、念には念を入れて、誰が読んでも内容がはっきり分かるように記載しておきましょう。

ページのトップへ