自己破産とは

自己破産・免責とは、日常生活に必要となるものを除いた「財産」を手放す代わりに、税金等一部を除き、すべての借金をゼロにして、人生の再スタートを切るための債務整理の方法です。多額の借金を抱え、通常の日常生活を送ることが困難になっている人を、国として救済するために作られた制度です。自己破産と聞くと、大変なマイナスイメージを持つ方もいらっしゃいますが、一からの再スタートを認めるものであり、最大の借金解決方法といえます。

自己破産および免責手続きは一部を除いた全ての借金をゼロにして、今後の収入を借金返済に充てることなく、経済的にも心理的にも立ち直っていくことを目的に作られた制度ですが、すべての人が自己破産・免責できるわけではありません。自己破産の第一の条件として、「借金の返済が困難である」ということが、裁判所によって認められなければなりません。また、他の債務整理の方法と違って、借金をすることになった原因(浪費やギャンブルなど)によっては、免責が許可されない可能性もあります。何らかの理由によって自己破産および免責手続きができない場合は、他の債務整理の方法を選択することになります。

ところで、自己破産の手続きでは、不動産や自動車をはじめとする高額な物品はもちろんのこと、所有している株式、生命保険の解約返戻金などのうち、一定以上の価値のある財産については処分する必要があります。ただし、現金の場合は当面の生活費として、99万円まで手元に残しておくことが認められています。もちろん、日常生活に必要な家財道具(家具や冷蔵庫、電子レンジ、テレビなど)を手放す必要はありません。財産があった場合は換金されて、金融業者への返済の一部に充てられることになります。

自己破産するつもりで相談にお越しになり、債務の履歴を開示をしてみたところ、過払いになっていたという方もいらっしゃいます。一人で悩んでいても一向に先には進みません。むしろ、悩んでいる間に、借金問題はますます悪化していく可能性もあります。自己破産も含めた借金問題の解決方法については、いつでもお気軽にご相談ください。

ページのトップへ