自己破産のメリット・デメリット

ここでは、自己破産のメリットとデメリットについてお話しします。まず、最初のメリットとして挙げられるのは、現在抱えている借金を、税金等一部を除いてゼロにできるという点です。借金をゼロにできるため、今後の返済の必要もなくなり、すべての収入を自らの生活に充てることができるようになります。執拗な取り立てにあっていた場合には、そのような悩みからも解放されますので、経済的にも、心理的にも立ち直ることができるでしょう。

自己破産のデメリットとしては、前にもお話ししました通り、所有している財産を失うことが最初に挙げられます。住まいや不動産、自動車をはじめ、価値のある物品、預金や株式などの有価証券、生命保険の解約返戻金、一定以上の現金などは、原則として手放す必要があります。

また、ある特定の職業に就いている人の場合、自己破産の手続き中の期間に限って、その仕事に就けなくなります。その職業の例として、生命保険募集人、旅行業務取扱管理者、宅地建物取引主任者、警備員などが挙げられます。自己破産・免責の手続きが終了すれば、もとの仕事に復帰することができますが、それらの職業に従事している人は注意が必要です。

その他の主なデメリットとしては、金融機関などが利用する信用情報機関に「事故情報」として登録されることです。この「事故情報」への登録が、俗にいう「ブラックリスト」といわれるものです。実際には、ブラックリストそのものは存在しませんが、事故情報が登録されることで、今後5~7年くらいの間はクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

さらに、「官報」という国が発行する新聞に名前や住所などが掲載されることになります。官報は一般の人が目にすることは滅多にありませんが、「ヤミ金」などがチェックして、ダイレクトメールを送りつけてくることもあります。なお、自己破産をしてから7年以内に、再び自己破産をすることはできません。ダイレクトメールの甘い誘いには、絶対に乗らないように注意してください。

上記が一般的な自己破産のメリット・デメリットとなります。ちなみに「一生ローンを組めない」「選挙権を失う」「住民票や戸籍に記載される」「会社をクビになる」「すべての持ち物が差押えに合う」などの噂は、ほとんどがウソになります。借金問題にまつわるさまざまな噂に惑わされ、借金問題の解決のタイミングを失わないためにも、一度ご相談にお越しください。

ページのトップへ