過払い金請求とは

払い過ぎた利息は「過払い金請求」で取り戻しましょう!

過払い金請求とは...
お金を借りている金融業者から、払い過ぎた利息分を取り戻す手続きです。

金融業者は、出資法や利息制限法という法律に従って貸金業を営んでいます。みなさんが借り入れ金の返済をするときに元金にプラスして支払っている利息が金融業者の利益となっているのですが、出資法や利息制限法によって、金融業者の利益の幅は制限されているのです。

出資法という法律では、金融業者がお金を貸し付けるにあたって、年率29.2%という利息の上限が設けられています。29.2%を超える利息で貸し付けを行った金融業者は、法律によって処罰されるようになっています。

金融業者が守るべき、もう一つの法律が利息制限法です。利息制限法では、貸し付け金が10万円未満の場合は20%、10~100万円未満なら18%、100万円以上なら15%というふうに、設定できる利息が制限されています。しかし、この利息制限法を上回る利息で貸し付けを行っても、金融業者が処罰されることはありません。

そこで、金融業者は利息制限法の上限をはるかに上回りつつ、出資法の上限である29.2%に届かない範囲で利息を設定している場合がほとんどです。このような金利を「グレーゾーン金利」といいます。このグレーゾーン金利の範囲で設定された金利に基づく利息分は、本来であれば支払う必要はありません。しかし、多くの方がこの事実を知ることなく、長い期間にわたって支払いを続けています。

長期間にわたって支払ってきた、本来は支払う必要のない高い利息分を、適正な金利(利息制限法に基づく上限金利)で計算し直したうえで、金融業者から取り戻す法律の手続きが「過払い金請求」となります。過払い金請求を行うには、金融業者への取引履歴の開示請求や、利息制限法に基づいた利息の「引き直し計算」などの各種手続きが必要となりますので、村尾司法書士事務所にお任せください。

ページのトップへ