手続きの流れ

取り立てをストップし、払い過ぎた利息を取り戻しましょう。

ここでは、過払い金請求の手続き開始から、過払い金が返還され、すべての手続きが終了するまでの流れをご紹介します。

【1】過払い金請求の手続き開始

過払い金請求の手続きは、最短で、初回ご相談のその日から開始することができます。ご相談の後、料金や手続き方法にご納得いただけましたら、すぐに手続きを開始しましょう。

手続き開始が決まったら、まずは金融業者に対して「受任通知」を出すことになります。受任通知を出した後は、金融業者からの取り立てはストップします。もちろん、月々の返済もストップすることができます。

【2】「過払い金」の額を計算します

ご依頼をいただきますと、金融業者に対して受任通知を出すのと同時に、これまでの取引の履歴に関する資料の提出を請求します(取引履歴の開示請求)。後日、金融業者から当事務所に取引履歴が送られてきますので、その資料をもとに、過払い金の額を計算します。

過払い金の金額は、「利息制限法」という法律にもとづいて正確に計算されます。これを「引き直し計算」といいます。引き直し計算をすることによって、払い過ぎていた利息分の金額を正しく把握することができます。手続き開始から、取引履歴の開示、過払い金の計算まで、だいたい1~3ヶ月程度かかります。この間も取り立てや返済はストップしています。

【3】過払い金返還請求を行います

引き直し計算で算出された、正確な過払い金の金額をもとに、金融業者への過払い金返還請求を行います。

【4】金融業者と交渉します

過払い金返還請求の手続きの際に、「過払い金返還請求書」を金融業者に出します。その内容をもとに、過払い金の返還と和解に向けた交渉を行います。この交渉のなかで、返還される金額や返還の期日などを決定します。

【5】合意書の作成と過払い金の返還

過払い金を取り戻すための交渉の結果、和解ができた場合は、返還される金額や返還の期日を記載した合意書が作成されます。この合意書の内容をもとに、過払い金が手元に戻ってくることになります。銀行の口座などに実際にお金が振り込まれた時点で、すべての手続きが終了することになります。

過払い金請求に関する手続きについてご紹介しましたが、以上の手続きはすべて、当事務所が行います。金融業者からの連絡などもありませんので、安心して手続きの終了をお待ちください。

ページのトップへ