メリット・デメリット

借金がなくなり、大金が戻ることも。取り立てはすぐに止まります。

ここでは、過払い金請求のメリットとデメリットについてお話しします。金融業者に対して払い過ぎていた利息分を、取り戻すことができるという点が、過払い金請求の一番のメリットになります。高い金利で、長期間にわたる取引をしていた場合には、借金が帳消しになるだけでなく、驚くほどの過払い金が手元に戻ってくることも多くなっています。また、複数の金融業者との取引がある場合にも、1社から戻ってきたお金で、その他の借金も一度に返済できるといったこともあります。

過払い金請求のもう一つのメリットは、約定利息による債務残高がある場合には、金融業者からの取り立てを直ちにストップさせることができるという点です。司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼すると、依頼を受けた司法書士や弁護士は、金融業者に対して「○○さんから、任意整理・過払い金請求の手続きの依頼を受けました」という旨の書類(受任通知)を出します。これによって、金融業者は以降の取り立てや連絡をすることができなくなります。

過払い金請求の手続きを進める場合には、当事務所が金融業者と直接やり取りを行います。したがって、基本的には、ご家族や親族といった周囲の方々にばれることはありません。また、過払い金請求を行う金融業者を選ぶこともできますので、保証人の方に迷惑をかけることもありません。

過払い金請求のデメリットとしては、今後数年間(概ね5年~7年)は新たな借り入れをしたり、クレジットカードを利用したり、ローンを組んだりすることができなくなる可能性があることです。ただし、借金がなくなったり、払い過ぎていたお金が返ってきたりすることで、新たな生活をスタートさせることができますから、デメリットというほどではないと思います。

このように、過払い金請求にはさまざまなメリットがあり、デメリットはほとんどありません。毎月の返済に困っている、または、返済が滞ってしまっている状態でしたら、できるだけ早く村尾司法書士事務所にご相談ください。

ページのトップへ