こんな方に向いています

個人再生は、下記のような方に向いていると考えられる手続きです。ただし、借金問題は一人ひとりの条件が大きくことなりますし、解決方法もさまざまです。当事務所では無料で相談を承っておりますので、できるだけ早くご相談ください。

【1】住宅ローンの支払いを続けている方

住宅ローンを利用してご自身の住まいを手にした方で、住まいを残したまま多額の借金を整理したいという場合、個人再生が向いています。個人再生を利用すれば、住宅ローン以外の借金が1/5(最低100万円)から最大で1/10にまで減額されますので、住宅ローンの支払いがずいぶんとラクになるはずです。ただし、住宅ローンは減額されませんのでご注意ください。

【2】任意整理や特定調停では解決できない方

任意整理や特定調停の手続きは、適正な金利によって再計算して減額された借金を、今後3年~5年かけて返済していくという手続きです。したがって、これらの手続きが利用できるのは、3年~5年で返済できる見込みがある場合に限られます。3年~5年でも返済できないほどの多額の借金がある場合は、借金の額を大幅に減額できる個人再生が有利です。

【3】自己破産ができない方

返済が困難になるほどの多額の借金がある場合は、自己破産という手段を選ぶ必要もあるかもしれません。しかし、自己破産の場合、住まいや自動車などの所有する全ての財産を手放す必要がありますし、保険募集人や警備員などの一部の職種については、一定期間その資格を失うことにもなります。そのような事情で自己破産を選択できない方は、個人再生をおすすめします。

ページのトップへ