個人再生のメリットとデメリット

ここでは、任意整理のメリットとデメリットについてお話しします。まず、最初のメリットとして挙げられるのは、借金の額を大幅に減らせるという点です。借金総額にもよりますが、最大で1/10まで借金を減らせるという点は大きなメリットになるはずです。
たとえば、任意整理などの債務整理の方法を選択し、利息制限法に基づいた引き直し計算を行ってもなお、500万円近くの借金が残る方の場合、個人再生を選択すれば100万円にまで借金を減らせる可能性が出てきます。500万円を3~5年で返済することは難しくなりますが、100万円を3年で返済するということであれば、借金問題の解決に向けて大きく前進することができるでしょう。

さらに、住宅資金特別条項を利用すると住まいを残したままで、借金問題を解決できるという点も個人再生の大きなメリットになります。住宅ローンの返済と同時に、多額の借金の返済をしている方で、どうしても住まいを守りたいという場合には、個人再生を選択するのが良いでしょう。ただし、大幅に減額された借金の返済と同時に、住宅ローンはこれまで通り返済を続ける必要があります。住宅ローンは個人再生の減額対象とはならないからです。

借金問題を一気に解決しようと自己破産を選択した場合には、ある一定期間において、保険外交員や警備員、通関士などの特定の職種に就けなくなります。しかし、個人再生の場合は資格制限がありませんので、上記のような職種の方でも仕事を続けることができます。さらに、自己破産とは違って、借金をした理由を問われることがありません。

個人再生のデメリットとしては、金融機関などが利用する信用情報機関に「事故情報」として登録されることです。この「事故情報」への登録が、俗にいう「ブラックリスト」といわれるものです。実際には、ブラックリストそのものは存在しませんが、事故情報が登録されることで、今後5~7年くらいの間はクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

さらに、自己破産と同様、「官報」という国が発行する新聞に名前や住所などが掲載されることになります。官報は一般の人が目にすることは滅多にありませんが、「ヤミ金」などがチェックして、ダイレクトメールを送りつけてくることもあります。
上記のようなメリット・デメリットがあることを理解したうえで、司法書士と一緒に個人再生の手続きを着実に行っていけば、借金問題の解決までの道のりは、随分と近くなるでしょう。

ページのトップへ