個人再生のQ&A

Q1:ギャンブルや浪費が原因の借金でも、個人再生はできますか?

借金の原因がギャンブルや浪費でも、個人再生をすることは可能です。個人再生の手続きでは、借金の理由などを問われることはありません。

Q2:個人再生をすると、ブラックリストに載りますか?

個人再生をすると、ブラックリスト(金融機関の間で共有される事故情報)に登録されるようです。個人再生をすると、一般的に今後5~7年にわたり、クレジットカードやローンの利用ができなくなるようです。

Q3:自分で個人再生をすることはできますか?

個人再生の手続きを行うこともできますが、債務整理の手続きのなかでもっとも複雑で長期に及ぶものとなりますので、司法書士などの専門家に依頼されることをおすすめします。

Q4:個人再生をすると、借金はどのくらい減額されるのですか?

個人再生の手続きを行うと、借金総額の1/5(最低100万円以上)を原則3年で返済していくことになります。ただし、住宅ローンが残っている場合、住宅ローンは減額の対象とはなりません。また、借金の総額が1,500万円~3,000万円の場合は最低300万円、3,000万円~5,000万円の場合は最低1/10の金額を返済していくことになります。

Q5:住宅を残しておくことができるというのは本当ですか?

個人再生の最大のメリットは、住宅ローンを払い続けながら、その他の借金を大幅に減額できるという点です。借金の返済がかさんでしまい、住宅ローンの支払いが厳しくなっているという方には、個人再生の手続きをおすすめします。

Q6:住宅ローンも他の借金と同様に減額されるのですか?

住宅ローンは減額の対象とはなりません。住宅ローンはそのまま払い続ける必要があります。どうしても住宅ローンの支払いが厳しい場合は、住宅ローンを借りている銀行などの金融機関に、返済期間の見直しの相談をしてみましょう。

Q7:住宅と同様に、自動車も残しておくことができますか?

ローンが残っている自動車は、残念ながら維持することはできません。個人再生では、住宅ローン以外の債務は、一括して処理しなければならないからです。

Q8:家族に内緒で個人再生をすることはできますか?

裁判所などから、ご家族に直接連絡されるようなことはありません。しかしながら、ご家族の収入の状況などが分かる書類を提出する必要があったり、裁判所から書類が届いたりすることもありますので、内緒で手続きを進めることは難しくなります。

Q 9:個人再生の手続きにはどのくらいの期間がかかるのですか?

申し立てる裁判所によって期間はまちまちですので、一概には言えませんが、長い場合には一年以上かかる場合もあります。

ページのトップへ