任意整理とは

任意整理とは、特定調停や自己破産などと違って、裁判所を介することなく、債務者と金融業者が直接交渉して借金問題を解決する債務整理の方法です。借金の元金を減らすことはもちろん、将来の利息をカットしたり、払い過ぎていた利息分を取り戻したり(過払い金請求)することもできます。また、任意整理では個人再生や自己破産などと違い、交渉する金融業者を選ぶこともできます。したがって、自動車や住まいなどの財産を手放したくない場合や、保証人に迷惑をかけたくない場合などに、任意整理を選ばれることが多くなります。

裁判所を介さず、債務者と金融業者が直接交渉をするといっても、司法書士などの専門家に手続きを依頼すれば、金融業者と債務者本人が交渉する必要はありません。逆の言い方をすれば、司法書士などの専門家に手続きを依頼せず、債務者本人やご家族の方が手続きを進めることもできるということです。しかし、交渉の相手は知識も豊富な"金融業界のプロ"になりますので、専門家に依頼するほうが安心・確実です。

先ほどもお話しした通り、任意整理の手続きを進めることで、借金の元金を減らしたり、残った借金の利息をカットしたり、払い過ぎていた利息を取り戻すこともできます。同じような債務整理の方法として特定調停がありますが、特定調停では払い過ぎていた利息分を取り戻したり、払い過ぎていた利息分を元金から減らしたりすることができません。20%をはるかに超えるような高い金利での借り入れ・返済を、長期間にわたって続けていた場合には「過払い」の状態になっている可能性があるため、任意整理を選択するほうが良いでしょう。

司法書士などの専門家が任意整理の手続きを受任すると、ただちに金融業者に対して、任意整理を受任した旨の通知(受任通知)を発送します。金融業者は受任通知を受け取った時点で、取り立てをすることができなくなりますので、ご依頼から間もなく、平穏な毎日を取り戻すことができます。その間に、手続きを進めるための準備に取りかかりましょう。

任意整理の手続きを進めた後に残った借金は、概ね3年を目安に返済していくことになります。借金を減らしても、残った金額が多くなった場合には、5年での返済が認められる場合もあります。最終的に決定した返済額は、きちんと返済を続けていく必要がありますので、手続きを進めるなかで、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

ページのトップへ