任意整理のメリットとデメリット

ここでは、任意整理のメリットとデメリットについてお話しします。まず、最初のメリットとして挙げられるのは、司法書士などの専門家が任意整理を受任すると間もなく、金融業者からの取り立てが止まることです。金融業者との話し合いが終わるまでは、取り立てが止まり、支払いをする必要がなくなります。その期間は一時的なものになりますが、その間に手続きを進めてしまえば、その後も平穏な毎日を送ることができます。また、裁判所を介さずに手続きを進めることができるため、解決までの期間を短縮することができます。借金問題でお悩みの方は、一日も早くご相談ください。

もう一つのメリットは、今後返済していく借金の利息をカットできることです。任意整理では、まずは利息制限法で設定された上限金利(15~20%)に基づいて、現在の借金を再計算(引き直し計算)し、借金の元金を減らします。そして、残った借金の返済については将来の利息をカットして、元金のみを返済していくことになります。20%を超える高い金利で、長期間の取引を続けていた場合には、本来は支払う必要のない利息分(過払い金)を払っていた可能性もあります。任意整理の手続きを進めることで、過払い金を取り戻すことや、過払い金に相当する金額を元金から差し引くこともできます。

借金を減らすために交渉する相手を自由に選ぶことができるのも、任意整理のメリットといえます。たとえば「A社の金利が高いのでA社と交渉するが、B社とは交渉しない」といったことが可能になります。個人再生や自己破産の場合は、任意整理のように交渉する相手を選ぶことができません。自動車ローンや住宅ローンなどの支払いを続けながら、他の借金を減額したい場合や、保証人が付いているローンはそのまま返済したいといった場合に有効な手段となります。

任意整理のデメリットとしては、金融機関などが利用する信用情報機関に「事故情報」として登録されることです。この「事故情報」への登録が、俗にいう「ブラックリスト」といわれるものです。実際には、ブラックリストそのものは存在しませんが、事故情報が登録されることで、今後5~7年くらいの間はクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

そのほかのデメリットとしては、将来の利息分に関してはカットされますが、借金の元金はあまり減額されないことがあるという点です。また、保証人が付いている借金を任意整理の対象とした場合は、保証人に請求がいくことになりますので注意しましょう。

ページのトップへ