手続きの流れ

ここでは、特定調停の手続き開始から、借金を減らすための話し合いに合意し、すべての手続きが終了するまでの流れをご紹介します。

【1】特定調停の手続き開始

特定調停の手続きは、最短で、初回ご相談のその日から開始することができます。ご相談の後、料金や手続き方法にご納得いただけましたら、すぐに手続きを開始しましょう。

手続き開始が決まったら、まずは金融業者に対して「受任通知」を出すことになります。受任通知を出した後は、金融業者からの取り立てはストップします。もちろん、月々の返済もストップすることができます。

【2】手続きに必要な書類を収集・作成します

特定調停の手続きに必要となる、金融業者との取引履歴や、住民票などの書類を収集・作成します。法律の専門家ではない債務者が一人で各種書類を収集・作成するのは難しいことですので、司法書士が可能な限りサポートします。

【3】裁判所に特定調停の申し立てを行います(平日のみ)

司法書士が作成した各種書類(申立書)を簡易裁判所に提出していただきます。「裁判所への申し立て」とは、書類を提出するということですので、特別に難しく考えていただく必要はありません。申し立ての日程は、事前に司法書士と打合せをしてから決定しましょう。
※申し立てを行うのは、原則として金融業者の所在地を管轄する簡易裁判所となります

【4】1回目の話し合い(平日のみ)

申し立てから約1ヶ月後に、裁判所で最初の話し合いが行われます。話し合いが行われる日を「調停期日」といいます。最初の調停期日には申立人であるあなたと、手続きの仲介役となる調停委員の2者で話し合いを行います。ここでは、引き直し計算された後に残った借金の額を明確にしたり、現在の収入と今後の返済計画を立てたりします。

【5】2回目の話し合い(平日のみ)

2回目の話し合いは、申立人であるあなたと仲介役の調停委員、そして金融業者の3者で今後の返済計画等について話し合いを行います。2回目の話し合いは、調停委員が取り仕切ってくれますので、スムーズに進みます。ここで金融業者と合意ができれば、今後の返済計画が記載された「調停調書」が作成されます。

【6】手続き終了

後日、金融業者との間で合意した、今後の返済計画の内容が記載された調停調書が郵送されてきます。あとは調停調書の内容の通りに、きちんと返済をしていけば借金問題は解決できることになります。

ページのトップへ